Adobe Illustrator(CS3)CS4以降のバージョン

上記環境にて、

  1. 必要なパターンを選択(コピー)。
  2. 新規ファイルをA4縦置きで作成。
  3. コピーしたオブジェクトをペースト。
  4. レイヤーをひとつに纏める。→全てのレイヤーを結合。
  5. 文字は全てアウトライン化。→書式>アウトラインを作成。
  6. アウトライン化した文字はグループ化される為、解除。→オブジェクト>グループ解除。
  7. ファイルメニュー>書き出し>AutoCAD Interchange File (dxf)
  8. DXF/DWGオプションはデフォルトのままOKボタンをクリック。

上記手順でイラレから汎用DXFの書き出しを実行する。

正しく変換できない場合

上記の方法で塗りや形状などが正しく変換されない場合は、イラレの変換機能では対応できない要素が含まれている可能性があります。その場合は、DXF変換専用のソフトが必要になります。
中でもEXDXF-Pro(イーエックス・ディーエックスプロ)は、世界30カ国以上で使われているソフトで、インストールするとイラレの画面から正確なDXFを簡単に書き出すことができます。ぜひお試しください。